FORGING(鍛造技法)とは、字のごとく 【鍛えて 造る】という意味です。
指輪制作方法といたしまして、大きく分けると鍛造技法と鋳造技法の2通りの方法があります。

今現在主流となる指輪制作方法、キャスト(鋳造)方法は、原型を制作したのち型取りをして
型へ流し込みにて仕上げる方法で、量産品にはこちらの技法が使用されます。

今現在、ほとんど少なくなってきた技法の1つ 鍛造技法は、刃物を制作するのと同じで
熱して叩きを繰り返し行い、指輪を造っていきます、鋳造技法では行わない工程ですが
こちらの工程がある事により、金属に含まれる気泡が無くなり、密度の高い金属となります。
逆に鋳造技法ですと、やはり金属そのものの中にエアーやガスがたまってそのまま残るため
金属密度が鍛造技法と異なり低くなります。
刃物はやはり強度が必要のため、やはり鋳造による制作はされませんよね。
同じ素材、例えばPT950の材質でも、鍛造と鋳造では、まるで強度が異なるのは、いうまでもありません。

炎

ハンマー

yasuri

ノコ